「毎年毎年新しいのを買い換えて、必要な物は張り替えているんです」とのこと。

 更に、凄いのは、通勤時の回数券もその中に収納袋ごとその中に張り込んでいるばかりか、テレホンカード、パスネットなどのカード類もその中に収納している。聞けば、ないのは、キャッシュカードくらいなものらしい。

 それを作る手間暇は、たいへんな物だと推察するが、一度作ってしまえば、仕事はおろか、私生活に至るまで、そうとう期間にわたって使える代物。しかも、財布を落としても、その手帳さえあれば、家には帰り着けるという訳だ!

 そこに居合わせた一堂、感心することしきりだったが、もっとも、誰も、「自分もやってみよう」とは言い出さなかったのは、言うまでもない(^-^;)

追伸:昨今、こういうノウハウを独自に編み出す人は、お金になる可能性がありますねえ。